スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しすぎて言葉にできません…(涙)

どうしよう…

嬉しすぎて嬉しすぎて
昨日から何度も萌萌
読んでしまいました…

私のために書いて下さった
珠玉の一品!
四カカ短編v

私こういう短編大好きなんですv
本当に大好物vv
妄想萌萌ぱらだいすv

涙ぐんじゃいました
あまりに嬉しくって…

四カカ好きには
たまらん一品ですv

あ―…
ヤバイv
軽くBL病が復活してます(笑)

というわけで、
こんなすばらしい一品を
独り占めはできないので
追記にて公開ですvv


巳咲さん&巳奏さん
ほんっとうにありがとうございます!!



あまりに萌萌ぶはぁッv
してしまったもので
ちょっと…ヤッちゃったんですが、
NGだったら即消します!!

事後承諾ですが
お返事いただけると幸いです


さあ皆さん!!
追記にレッツゴー!!



●感謝御礼は明日以降お返事させていただきますv


【ぴいさんへ捧げ物w】



以前の甘カカナルコのお礼にぴいさんへ無理矢理四カカ小説を押し付けます(爆)
初めての四カカで見苦しいと思いますが、どうかお許しくだされ~!(土下座)







「カカシカカシっ!」



ブンブンと手を大きく振りながら走ってくる金髪碧眼の大人。

すっごく浮いてるはずなのにみんな頬を赤らめてその人を見ている。

……まぁ……

カッコいいから当たり前なんだけどさ…



「カーカーシーっ!」



大声で叫んでオレに勢いよく抱きつく。

嬉しそうに頬ずりしてきてくれるのは嬉しいけど恥ずかしい。

だってみんな見てるし。

すんごい見てるし。



「……先生」

「んっ?」

「人前です。離れてください」

「えぇ~っ」



口をつんと尖らせて先生はブツブツ。

「けち~」とか「恥ずかしがり屋さん」とか一人で百面相をしている。

だけど回された腕は離れない。

むしろだんだんきつくなっているような…



「カカシはいつまでたっても恥ずかしがり屋さんだね~そんなとこもかわいいけど♪」

「いーから離してくださいよっ」

「やだよ。久しぶりだし」



オレが顔を真っ赤にして怒っても先生はただにこにこして更にギュッと抱きしめる。

いくら言ってもダメだろうなと思ってオレは抵抗をやめた。

言い出したら聞かないこの人の頑固さにかなう人なんてきっといない。



「にしてもさーカカシってホント恥ずかしがり屋だよね」

「せっ…先生が公衆の面前でいろいろ変なことしてくるからでしょっ」

「恋人同士だも~ん。当たり前でしょー?」



そう言って耳朶を甘噛みされる。

ほら。そういうのが恥ずかしいんだって。

家ならまだしもいろんな人が見てる中で服の中に手を入れたり、キスしてきたり、あーもうこの人には恥じらいがないのか?

オレだって先生にそういうことされるのは……嫌いじゃない。うん。

誰だって好きな人にそういうことされると嬉しいもんでしょ?

愛されてるって感じがしてさ。


でも……やっぱどうしても人前だけは恥ずかしすぎる……



「……カカシ……」



どっから出してんだか低くて甘い夜の声色でオレを呼ぶ。

耳元でそんな声を出されたもんだから体がビクンと跳ね上がった。

甘い声



「せ……先生……」

「ん?」

「……その……」

「ん?なに?」

ずいっと近づいてきた先生の襟元を掴んで、自分の方へ引き寄せる。

先生はオレのいきなりの行動に驚いたのかキョトンとしている。



「……オレ…ここじゃ嫌です……」



いっぱいいっぱいな声で先生の耳元で呟くと、先生はカチーンと固まったまま動かなくなった。

揺さぶっても手を顔の前で振っても先生は微動だにしない。

さすがに心配になって顔をのぞき込もうとした途端、体がフワリと浮き上がった。



「ちょっ……先生?!」

「ん。今家に連れてくから」

「は?!家?!」

「続き…………家ならいいんでしょ?」



艶やかな笑みを浮かべて先生は微笑む。

思わず見惚れたオレに先生は軽くキスをした。



「…………意識吹っ飛ぶくらいご奉仕してもらうよ」



再び色気の含んだ声に戻るととんでもないことを言い放った。

意識吹っ飛ぶくらいって………

…あ~…オレ明日任務いけないな…

ちらっと先生を見上げるとそれはそれは満足そうな笑みに満ちていて…

こんな笑顔を見れんなら意識吹っ飛ぼうが、腰が痛くて立てなくなろうが別にいいかなって思えた。

自分でもバカだなって心底思うけど…

仕方ないじゃない。



「………………先生」

「ん?」

「オレやっぱ先生が好きです」



オレが「愛してる」って胸を張って言える人は

先生しかいないんだから。



我ながらどうしようもないなって思うよ。




先生の肩に捕まって身を乗り上げると、人前だというのにオレは初めて自分からにキスをした。



スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009/05/26 (Tue) 19:47
  • #
  • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。